子育て中!未婚シングルマザーのひとりごと~仕事とお金と文句と~

アラフォーにして未婚でシングルマザーの人生を生きる事になったALOHAのブログ

かいご畑

子育てする上で感じること。家庭環境の大切さ

私は子供を産んでから、家庭環境の大切さをみに染みて感じています。

 

何もわからないまま、気づいたら自分はこの世に産まれ、勝手にお母さんとお父さんがいて、その中で育っていく子供。

 

両親の遺伝子を引き継ぎながら産まれてくる子供。産んだら子供が自分のように見えて「自分を自分でもう一度育て直ししている」ような感覚です。

 

私の母親は暴言が激しくうつ病な親です。

 

でも、その環境で産まれてきた私にとってそれが「母親像」であり「父親を罵倒すること」がどこの家庭にも普通にあることだと自然に思っていました。

 

言うことがコロコロかわる。「はい」が次の日に「いいえ」に変わる母。

 

すべて心が弱いからだということもあるだろうけど、今まで悶々としていました。

 

されど母親。だから意見を聞いていました。なんかおかしいと思いながら、したがっていたんですね。

 

だけど、こうやって離婚&未婚で子供をもって、気づきました。

 

すべては環境だったんだなと。

 

幸せな結婚像をもてなかった自分。何もかも適当にやってきた自分。自分の事を大切に思ってなかった自分。

 

全部母親からきてるなと。

 

 

母親のような育て方は絶対したくない。私のようになってほしくない。

 

というかしない。

 

子供を産んでからいろんな事が見えました。

 

うちの子供からしたら「初めからお父さんがいない」という環境。将来その事で苦労するかもしれない環境。

すでにお母さんは高齢

 

子供になんの罪もないのにこの環境を与えてしまった。

 

環境の連鎖。。。

 

子供には連鎖を立ちきってもらいたい。

当たり前に幸せに。いつも子供の味方でありたい。

 

子供を産んで私は親ばなれが完全にできた。すべてが見えた気がする。ちょっと遅かったね。かわいそうな自分。

でも今が一番幸せで毎日楽しい。子供のおかげ。

 

 

愛情を素直に表現できる親になろう。

 

スポンサーリンク

 

  google.com, pub-4883224765276045, DIRECT, f08c47fec0942fa0