子育て中!未婚シングルマザーのひとりごと~仕事とお金と文句と~

アラフォーにして未婚でシングルマザーの人生を生きる事になったALOHAのブログ

かいご畑

幸せになってはいけない脳

f:id:cacayuca72:20170710212813j:plain

アロハです!今回は『幸せになってはいけない脳』についてのおはなし。

 

あなたは今幸せを感じて生きていますか?

幸せって一体なんだろうって思ったことないですか?「幸せはすぐそばにあるよ。それを気づいてないだけ」なんてコトバ、よく聞きますけど。

 

本当の幸せってわかりますか?

 

私は今まで幸せを「感じる」ことができてなかった様に思います。

 

幸せって自分を好きにならないと感じれない

幸せを心から思う、感じるのって自分のことを好きじゃないと感じれない気がします。

私は、未婚で子供を産んで今、自分の子と2人で暮らしていますが

普通の家庭では少しないかもしれませんが「幸せ」です。

 

本当に産んでよかったし、毎日生きてる!って思えるし、毎日子供の成長を見て楽しい。

 

今まで生きてきて幸せってこうゆう事なんだな。

 

って感じています。

 

幸せを感じるには親の愛情をたっぷり感じてきたかによる

子供を産んで、もっとも感じた大きな事は「私は母親が嫌いだった」という事。

そう。私は母親が嫌いです。

 

母親の愛情がめちゃくちゃだったから、私の人生はこんなにめちゃくちゃだったのだとわかったのです。

 

愛情表現が薄い親の元に育った子供は「自己肯定感」が少ないです。「自分の事が好き!」という感覚がないのです。

 

だから「外に愛を求める」んです。でも、絶対的な大きな母親の愛が欠けてるから何をやっても「破壊的」。壊していくんです。

壊すことしかできませんでした。

 

母親も相当なモラハラで、鬱。

母親は選べない。気がついたら前にいる人が親であり、絶対的な存在。それは世界中みんなそう。

 

だから子は親に似るんです。だってそれしか見てない。生活の仕方やお金の使い方、しゃべり方。全部親をみて育つのです。

 

親の親の育て方もあったかもしれません。時代もあったかもしれません。だけど私は親にモラハラなこといっぱいされてきたせいで、中途半端な自立心をもった人間になっていました。

 

大きな愛情を備えていないで育つ大人は幸せにはなれない脳になっているんです。

 

私の周りにはそんな母親をもつ友達が普通にいます。

ほんとに時代なのかなんなのか知りませんが、同世代(40歳中)の友達の母親はそういう親が多い。

自分の子を盗人扱いする母親とか、暴力を暴言を振るう母親。

みな自分の支配下に置こうとする。

 

その結果、中途半端に自立できない子供が出来上がる。

 

私は小さい頃から父親の悪口をさんざん母親から聞かされていたので男というものは、しょーもないもんなんだと思っていたし、けなしてなんぼと本気で思っていました。

 

そのくせ、母親の鬱がうつっていたから、口では大きな事を言うけどヘタレだった。

 

世の中そんなんじゃない

世の中は、母親の思っていることすべてではなかった。母親に言い聞かせられていた事をすべてコピーした子供(私)は今子供を産んですべての不幸は母親の教えから来ていることがわかった。

 

本当にかわいそうな私だったのだ。

 

母親の人生を生きなくてもいい。

 

子供を持ってはじめてわかった。

 

自分で産んだのに子供は選べないのに勝手に出てきたとか言える母親

私は母親の今までのことを反面教師にして今子育てしています。しっかり子供と向き合う。対等な関係を築いていきたい。

 

親は偉くないです。子供に育てられるんです大人は。もう一度、子供と一緒に自分も育てなおししている感覚です。

とても幸せです。


こんな状況で産んで、かわいそうな境遇にならないよう、めいいっぱいの愛を注いで、立派に自立できる人間に育てていきます。

 

大きな愛情を絶対的な愛を背中に背負って、どこまでも自由にはばたいてほしい。

 

そう願っています。

 

今まで母親に言われてトラウマになっている言葉

・結婚した時→子供なんかいらんからな

・銭湯でのぼせて倒れた時→なにやってんねん。帰るで。

・あんたなんか勝手にでてきたんや

 

 

まぁ。もっといっぱいあるけど。そんな母親。暴言だらけ。頭が悪い。愛情を出せない人間。

 

もし母親がこんな人間なら離れたほうがいい。自分の人生は自分のもの。大切にしてください。

 

で、母親みたいな男を好きになったら追いかけるのをやめたほうがいい。幸せにはなれませんから。

 

子供をもてた事で幸せ脳になりつつある。子供に感謝しています。

最低なモラハラ男を最低とは思わず、我慢して自分を責めてきたけど、どん底で子供を産んだことで、自分が大好きになりました。

 

今までの事も「私はいつも一生懸命だった。悪いことはしていない。がんばっていたんだ」と確信できたし、今までの決断は全て間違っていない。全てはわが子に出会う為だったんだと思えるようになれています。

 

あんなモラハラ男と無理にでも一緒にいたら自分の心は亡くなっていただろうなと思います。

 

これからは明るい未来。家族ともども幸せになります:)

 

スポンサーリンク